30代の人材派遣会社登録のススメ【30歳からの派遣求人】 > 30代が派遣を続けるための面接のコツ

30代が派遣を続けるための面接のコツ

30代になると、20代のころと比較して求人が減りそう頻繁に仕事の紹介がされなくなるという話をしばしば耳にします。そこで仕事の紹介があった時に、他に紹介予定がないからチャンスだと安易に飛びつくケースも多いようです。しかしよく業務内容や募集条件を吟味せずに応募しても、実質的な面接とされる派遣先企業の担当者や人事担当者との顔合わせで不採用にされかねません。30代派遣社員が確実に派遣の仕事をもらうには、面接前のステップをしっかりと踏むことが大事です。

まず仕事の紹介を受けたとき、どのような職場でどのような仕事を担当することになるのか、応募者に求められている資格や能力、経歴などの詳細情報を事前に登録先のコーディネータに質問して確認することです。情報収集の結果、もしかすると自分が希望する職種、もしくは今までのキャリアとは関係ない仕事かもしれません。その場合には顔合わせをするだけ時間の無駄です。断るのはもったいないような気がするかもしれませんが、断ってしまった方が良いでしょう。そしてその派遣担当者の名前を聞いて、自分の担当者から外れてもらうようにお願いすべきです。登録者にマッチングしていない案件を紹介してくるコーディネータの実力は、その程度のものだからです。

顔合わせをする前に、「相手はどのような人材を求めているのですか?」といった感じでストレートにコーディネータやスタッフに聞いてみることです。このように聞くことで、派遣先企業がどの程度の採用意欲があるのか確かめられます。年齢条件や過去の実務経験、必要なスキルなどを聞くと、自分がその人物像に該当しているかどうか、採用される確率がどの程度あるのかがわかるでしょう。コーディネータであれば、ある程度の手ごたえは派遣先企業と話をしている時につかめているはずです。そこで採用意欲を聞けば、確度の高い情報がもたらされるわけです。

コーディネータとの打ち合わせは、かなり重要になります。相手のわかる範囲で情報をもらっておくことも、心の準備をするに当たって大事なポイントです。例えば「顔合わせのあとで採用になる場合、その合否はいつごろ分かりますか?」と聞いてみましょう。なぜこのようなことを聞くかというと、どの程度ライバルがいるのか探りを入れるためです。もし採用までにある程度時間がかかるようであれば、それだけ選考を丁寧に行っている、候補者が多いと推測できます。採用までの期間が長いようであれば、縁は薄いだろうと思ってあきらめてしまうことも時には大事です。そして次の案件を探した方が、より早く派遣の仕事を確保できるかもしれません。ダラダラ待つよりも、時にはスッパリ未練を断ち切ってしまった方が良い場合もあります。