30代の人材派遣会社登録のススメ【30歳からの派遣求人】 > 30代派遣が正社員就職するためのコツ

30代派遣が正社員就職するためのコツ

30代で派遣の仕事をしているけれども、いずれは正社員に就職したいと思って転職活動をしている人もいるでしょう。正直言って、30代から就職先を見つけるのは難しいと思ってください。と言うのも、転職市場は年齢限界説があるのが実態で若い人材を求める傾向があるからです。20代であれば、まだまだ教育次第では伸びる余地があります。しかし30代になるとこれから急成長する可能性は低いでしょう。それでも仕事で実績や専門性のあるスキルを持っている人たちであれば、ヘッドハンティングのようなよりよい条件で中途採用や正社員雇用される可能性もあります。ただこれといった職歴や経歴、実績がないと、就職は厳し状況であるといわざるを得ません。

もし正社員に就職したいと思っているのなら、紹介予定派遣を利用することです。紹介予定派遣とは、まずは派遣社員として派遣先の会社で仕事をします。通常は半年くらいですが一定期間仕事をして、引き続きその会社で業務をすることに雇う側も労働者も同意したのであれば、今後は正社員として仕事をする、つまり就職できるシステムです。実際に職場で仕事をしてから就職するかどうかを決められるので、離職理由でありがちな「イメージしていたのと違っていた」という事態も起こりにくいわけです。もし「どうもウマが合わない」と思ったら、相手がOKを出してもお断りできます。この場合、派遣の契約期間が終了すれば、そこでのお仕事は終了です。今登録している派遣会社の担当者と面接して、紹介予定派遣を紹介してもらえないか聞いてみましょう。もしなかなか紹介してもらえないようであれば、紹介予定派遣を多く紹介している派遣会社への登録をおすすめします。

紹介予定派遣の案件を数多く抱えていると評判の派遣会社に、アデコがあります。アデコは常時2000件以上の紹介予定派遣の案件を抱えているといわれています。社名を公開して求人情報を提供しているところもあって、登録者はどのような会社かあらかじめ確認した上で応募できます。アデコ自体が外資系企業ということもあって、外資系の紹介予定派遣に強みがあります。その他にも金融機関の紹介予定派遣の情報が多いです。

テンプスタッフも紹介予定派遣の案件を多く抱えていますから、登録しておいて損はないと言って良いでしょう。しかも有名企業が数多く名を連ねていますので、あこがれの職場で正社員として今後活躍できる可能性も高いです。紹介予定派遣を利用して仕事をする時には、自分の今までのキャリアや経験を考えて、そのノウハウを生かせるような所を探すべきです。