30代の経理派遣はどうか?

よく転職するにあたって、35歳限界説がしばしば紹介されます。35歳以降になって転職を希望してもなかなか求人が出ないし、採用されたとしてもいまよりも年収ダウンしてしまうなどのデメリットが起こりやすいというものです。しかしこの35歳限界説ですが、派遣の世界では決してそうだとは言い切れないところがあります。例えば女性の30代というと、結婚して育児をしてひと段落した所で職場復帰するケースも多くなります。そのような人の中には、30代でも派遣社員としてバリバリ仕事をしている人も多いです。30代でも派遣社員として仕事をしたいのであれば、経理派遣の経験を積んでおきたいところです。経理といっても仕事内容は多岐にわたっています。給与計算、管理会計ソフトを使用して会計業務をしたり、月次決算から年次決算業務をこなすなど、さまざまさ業務があります。

30代で経理派遣の求人ですが、かなり多く出ています。勤務先は一般企業、会計事務所などで経験者歓迎、実務経験者優遇と求人を出す派遣先が多くあります。実務経験と日商簿記資格を持っている人であれば、20代の方と比較しても決して見劣りしないだけの求人が出ています。20代のうちに経理の仕事をどんどん引き受けて経験を積み、簿記資格を取得しておくことが大事です。派遣会社の中には、簿記の資格取得のための授業の受講料や受験費用などを負担してくれるところも見られます。このような派遣会社のサポートをうまく使って、将来のための準備をしておくことです。

経理派遣の場合、20代であれば未経験者でも採用の可能性は十分あります。しかし30代になると経験がないと採用は厳しくなります。資格に関しても同様で、簿記3級の資格は少なくても取得しておきたいところです。理想を言えば簿記2級資格を取得していることで、2級資格があれば30代でも決して年齢がハンデになることもないはずです。では30代で経理派遣の経験のない人が派遣の仕事をするのは無理かというと、決してそうではありません。

30代で未経験の方でも、派遣の仕事はいろいろと用意されています。例えば一般事務の仕事であれば、30代でも採用してくれるケースは無きにしも非ずです。一般事務の仕事をしながら、関連する資格を取得しておけば、キャリアアップの可能性も期待できます。パソコン関係の資格を取得すれば、事務系の仕事を受注するにあたって大きな武器になります。一般事務の実務経験があって、簿記3級の資格を取得すれば、将来経理派遣の仕事を紹介されるかもしれません。このように派遣で活躍できる道筋は30代になってから、いくつもあります。できれば20代のうちから将来を見越してスキルアップをしてキャリアプランを作っておくと、選択肢を多く残せます。