派遣会社メイン画像

30代の方におすすめの派遣会社登録先まとめ

テンプスタッフの派遣

女性の方に一度は見て頂きたいのがテンプスタッフの派遣です。働くママを応援する『ママ支援』や女性に向けたサポートが他社と比べかなり多いのが特徴です。リフレッシュのためのカルチャーが用意されているので、結婚してまだ子どもはいなくても働ける時間に働きたい方にもとてもおすすめできる派遣会社です。求人数は業界トップクラスで、テンプスタッフのオフィスは全国に297か所あり最大級の拠点があります。2013年の業績がNO、1ということもあり安心して働くことが出来る環境がありそうです。

>>テンプスタッフの派遣登録はこちら

アデコの派遣

アデコの派遣は主に関東の様々な職種の人材派遣を行っています。専門的な職種も多く、事務や接客から金融、医療、ITなど様々な働き方が選べるのが特徴です。専門的な仕事の経験がある方にはおすすめの派遣会社です。大手の企業の名前も大々的に出ており、長期で働きたい方向けの職も比較的多いです。就職支援や転職エージェントも一緒に行っているので一日だけ…という方よりは『しっかりと仕事したい』方にはぜひ見て頂きたいところです。

>>アデコの派遣登録はこちら

リクルートスタッフィングの派遣

リクルートの派遣の良さは、なんといってもサポートが充実している点です。派遣のスタッフであって も年に1度は健康診断があることやベビーシッターの割引など、大手ならではの福利厚生の良さがおすすめです。仕事も日本全国に求人がありその数も他社と比べて圧倒的に多く、仕事で困ったことのサポートもとてもしっかりとしています。はじめて派遣の仕事を経験する方や、安心感のある仕事をしたい方には特におすすめなのがリクルートスタッフィングです。

>>リクルートスタッフィングの派遣登録はこちら

スタッフサービスの派遣

スタッフサービスは全国に仕事があり、ホームページが充実しているのが特徴の派遣会社です。都道府県ごとの求人数が、すぐに出てくるので場所から探したい方も何件くらいの求人があるのかわかりやすいのも安心です。業種や特徴からの選び方もトップページで見ることが出来るので、派遣に関してよくわからない方は、まず初めに見て頂くとお仕事の内容や仕事の流れなどが理解できるのでおすすめです。 検索履歴からおすすめの求人が表示されるので自分の興味のある分野が分かり、仕事が探しやすいのもおすすめのポイントです。

>>スタッフサービスの派遣登録はこちら

ランスタッドの派遣

外資系企業に強いのがランスタッドの派遣です。仕事の経験があり、外資・大手の企業で働いてみたい行動派の方には特におすすめです。すぐに働きたい方にもおすすめなのが、3分ほどで本登録の予約ができるのでその後会社へ行きすぐに登録をすることができます。またコンサルタントは1人の求職者に対して2名ついてくれるので、より確実にしっかりとした仕事を求めている方に一度調べて頂きたい派遣会社です。登録しなくても閲覧だけもできるので、慎重派の方でも大丈夫な体制も安心です。

>>ランスタッドの派遣登録はこちら

30代で派遣登録を受けてもらうためには?

派遣の仕事は一般的に、若い人、若年層の方が多く仕事の紹介を受けられる傾向があります。30代、特に30代後半となってしまうとなかなか仕事の依頼が来なくなる可能性もあります。派遣会社によっては、希望しても登録さえできないといったケースもあるようです。口コミサイトや体験談を見てみても、登録できなかった事例は何度か紹介されています。そのような状況で30代が派遣登録し、仕事紹介を受けるためには工夫すべきことがいくつかあります。

まずは派遣会社の選び方です。派遣会社の中には先ほども紹介したように、年齢が上になると登録を拒否する会社もあります。労働基準法があって、法律上そのように明記はされていないものの現実として年齢限界説が暗黙のルールとして存在することは頭の中に入れておきましょう。そこで30〜40代以上の人でも活躍できている派遣会社にターゲットを絞って登録することです。

このような派遣会社で代表的なのは、大手ではスタッフサービスがあります。福利厚生やスキルアップのための研修制度が充実しているため、長く働くにはもってこいの環境です。求人数が業界でもトップクラスの多さで、有名企業から地元の中小企業まで幅広くカバーできています。事務系などのデスクワークから販売系、軽作業関係の求人など職種も豊富です。40代以上でも仕事がもらえると評判なのが、ランスタッドです。専門職から誰でもできる軽作業系まで、バリエーションが豊かです。長期的にしっかり仕事をしたい人から短期で空き時間を使って小遣い稼ぎをしたい人まで、幅広く人材を受け入れています。

派遣に登録する際には、登録会に参加しないといけません。この登録会ですが、手続きをするための場と軽く考えている人がいますが、30代であれば就職面接に訪れているような感覚で参加した方が良いでしょう。特にコーディネータに対する気配りを心がけることです。そして年齢的な不利を払しょくすることが大事です。いろいろな会話をして、相手に自分を印象付けることを考えて参加してください。

派遣に登録すれば、あとはコーディネータから仕事の連絡が来るのを待てばいいと思っている人もいるでしょう。このような待ちの姿勢では、30代になるとなかなか仕事は来ません。自分で派遣会社のホームページを見て、求人情報を探す、連絡がなかなか来ないようであれば、こちらから担当者に電話をしてどのような状況なのか尋ねるなど、積極的な姿勢を持つことが仕事を回してもらうためのポイントです。

30代になると派遣の求人は厳しくなる

派遣の仕事は決まった期間だけ派遣先に行って仕事をする形を取ります。つまり派遣の仕事を常に受けていないと、収入が確保しづらくなるわけです。ここで問題になるのは、年齢との関係です。派遣先はどうしても若い人材を求める傾向が見られます。一般的に年齢の若い人の方が考え方も柔軟なため、派遣先のやり方にも早い段階で合わせられる人が多いからです。このため、年齢が上になればなるほど派遣求人は少なくなって、仕事を確保するのが難しくなるといわれます。特に30代後半に差し掛かると、派遣の求人はかなり少なくなるといわれます。

ただし30代後半になったら、誰もが派遣の仕事をできなくなるわけではありません。40代や50代になっても派遣社員として活躍している人もいます。30代以降でも安定して仕事がもらえる人と、そうでない人にはどのような違いがあるのでしょうか?そのためには若さを補って余りある何かを身につけることです。そこで大事なのは、キャリアです。派遣先としてみれば、こちらが教育しなくてもすぐに仕事のできる即戦力がいれば、それに越したことはありません。つまり派遣社員として即戦力を持った人材になることが大事なのです。そこで重要なのは、どのようなキャリアプランを描くかです。

やみくもに与えられた仕事を若いうちにバンバンこなしていけば、いろいろな仕事を経験できるかもしれません。ところが仕事の種類は多くても、それぞれの内容に関してはどうしても浅くなります。するとなかなか即戦力として、派遣先も評価してくれません。30代以降も長きにわたって派遣の仕事をしたいと思っているのなら、特定の職種に集中して仕事をすることです。そうすれば、その分野に関してはスペシャリストになれますから、その職種で求人が出れば、派遣会社としても派遣先にあなたのことが推しやすくなります。

キャリアを持っていることは、派遣先の選択肢を広げる意味でもプラスに働きます。大きな会社で大量採用を求める場合でも、その一員として当確する可能性は高いです。中小企業の場合、1人だけスタッフをよこしてほしいというケースもあるでしょう。そのような時でも、即戦力の呼び声の高い派遣スタッフであれば、多少年齢が上でも派遣先の会社で歓迎される公算は高いです。そこで30代以降も派遣スタッフとして活躍するためには、20代から30代前半、どのような仕事をするかが重要なポイントになります。

新着情報

30代で事務未経験…これでも派遣で仕事はできる?
派遣会社の募集情報を見てみると、どこも事務系の案件は多く抱えています。やはりどの...
30代が派遣を続けるための面接のコツ
30代になると、20代のころと比較して求人が減りそう頻繁に仕事の紹介がされなくな...
30代派遣が正社員就職するためのコツ
30代で派遣の仕事をしているけれども、いずれは正社員に就職したいと思って転職活動...
30代主婦で派遣の仕事をするならおすすめはここ
女性の中で結婚して家計の足しになればと思って、仕事をしてみたいと思っている人もい...
30代子持ちの派遣会社でおすすめは?
30代になると女性は結婚して子供のいる人も多くなるはずです。そのような人の中で子...